ホーム>メディア紹介/テレビ放送雑誌・新聞単行本



テレビ放送
番組タイトルをクリックしていただければ、詳細がご覧になれます。
No 放送局名 放送日 番組タイトル 出演者/レポーター
22 朝日放送 2014年9月10日 ココイロ トミーズ雅
21 日本テレビ 2012年4月24日 火曜サプライズ 船越英一郎 山瀬まみ ウエンツ
20 TV東京 2012年4月11日 いい旅 夢気分 荻野目慶子 いとうまい子 小倉久寛 吉田栄作
19 関西テレビ 2011年1月16日 よーい ドン 円広志 藤本景子 月亭八方
18 RCV京都 2010年10月30 ニュースワイド京都  
17 関西テレビ 2010年6月21日 メイド・イン・カンサイ ケンドーコバヤシ 後藤ひろひと 小泉エリ
16 日本テレビ 2007年8月4日 京都 心の旅  
15 テレビ朝日 2003年1月23日 旅の香り 時の遊び 野際陽子 中井美穂 赤木春江 音無美紀子
14 テレビ東京 2002年9月8日 ウチくる?! 中山秀征 飯島愛 酒井美紀
13 毎日放送 2002年2月12日 どこいく  
12 テレビ東京   食キングクイズ地球まるかじり 桂文珍
11 テレビ朝日 2001年10月11日 京都VS北海道 青木典子島崎和歌子
10 読売テレビ 2001年3月4日 晴れるや夢街道 名古屋(さん) 池乃めだか 石田靖 なるみ 大路恵美 じゅん(さん)
9 NHK 1999年1月30日 〜京漬物の魅力をたずねる〜旅人・星由里子 星由里子
8 日本テレビ 1999年1月6日 ズームイン朝! 日本テレビ
7 朝日放送 1998年4月21日 ワイドABCDE〜す 立原啓裕 木田美千代 加藤みどり
6 読売テレビ 1998年 元気モン  
5 読売テレビ 1997年1月5日 遠くへ行きたい 渡辺文雄
4 朝日放送 1996年7月 ワイドABCDE〜す 浜村淳 海原さおり
3 近畿放送 1994年1月8日 こだわりの京の味  
2 近畿放送 1990年2月9日 ボンズ・クラブ  
1 フジテレビ 1988年2月3日 美味しんぼ倶楽部 牧原俊幸、永麻理

雑誌.新聞
No 媒体名 掲載日 タイトル 概略
29 茶の間 2016年10月爽秋号 京都人の ぶぶ漬け、どうどす? 「〜具の漬ものは自家製のぬか床を使い、食材ごとにぬか床を変えているというのだからプロの吟恃を感じさせます。 おいしいだし巻きをいただいた後にかき込む絶品のお茶漬けは、あっという間にお腹に収まってしまいます。〜」
28 あまから手帳 2015年12月号 気になる京都51皿 お茶漬けを食べ終わって「ほっこりしたな」それが最高の褒め言葉。お茶漬けはひと口食べておいしいと思うような、おんじゃない。
27 月刊京都 2014年9月号 祝 ユネスコ無形文化遺産登録和食 京のだし文化 「だし巻、大好き!」のページにて人気のだし巻きをご紹介くださいました。
26 Discover Japan(特別付録) 2013年10月号 京都トラベル案内 持ち歩いて散策しよう。主要バス路線図つき。外国人観光客が訪れた京都ベスト20、ほか。
25 読売新聞 2013年6月6日 謎解き 京都 「ぶぶ漬けでもどうどす?」。京都の訪問先でこのセリフが出たならば、それは食事を勧めているわけでなく、、、
24 月刊京都 2012年 6月号 わたしのおすすめ味な店 「日本の食文化も感じる一膳」とNPO法人京都観光文化を考える会・都草の坂本孝志理事長に推薦いただきました。
23 女性自身 2011年 10月18日号 京都通グルメ 俳優の船越英一郎さんが紹介してくれました。
22 Highway

2010年 SUMMER

関西の銘店 阪神高速のPR誌「阪神ハイウェイ」に掲載していただきました。
21 SANKEI EXPRESS 2002年 2月24日

京都MONO語り

「漬物主役にサラサラと季節の一品とともに京尽くし」。冬場は漬物が一番おしい季節です。
20 月刊京都 1996年 10月号 食の現場から 「漬物と二人三脚」で当店をご紹介いただきました。
19 月刊京都 2009年 12月号 京都流・おいしいお茶漬け 旦那衆に愛された、これぞ元祖お茶漬け。「お茶の味が勝ちすぎず、ご飯もお漬物の味も楽しめる」
18 朝日新聞 2009年 12月9日 勝手に関西遺産 朝日新聞夕刊の「勝手に関西遺産」で取り上げていただきました。
17 Discover Japan 2009年 10月号 洛中通り入門 「洛中通り入門」という特集のなかで、丸太町界隈の地図とあわせて紹介くださいました。
16 haru_mi 2009年 4月号 あの時の京都へ二人で 料理家としてまた、その素敵な暮らし方や爽やかな人柄が幅広い女性たちに支持されている栗原はるみさんが、おしゃれですてきな料理や盛りつけ、インテリアやファッション、雑貨、旅、食べ歩きなど、毎日の普通の生活をもっと美しくイキイキと暮らすためのノウハウを紹介する雑誌「hary-mi」の中で白いごはんとおかずがしみじみおいしいとご紹介くださいました。
15 JAS華・三・都   クルマで行く京の味処 もとは祇園町にあった甘党屋、歌舞伎忠臣蔵十二段にちなみ〜。酔客の口直しが始まり。「食べ方の説明〜次に一保堂のほうじ茶をかけてさらり。
14 家庭画報 1991年 4月号 プロの技が光る食感やわやわ時代の卵料理 注文を受けてからつくるだし巻き卵は、食膳い共されて五秒とたたないうちにだし汁が流れ出して〜。「だし、焼き方」のコツ。
13 赤い風船 1990年 1月号 食べある記
野の恵み京野菜の漬物と宇治茶でさらりと味わう都ぶり
日本の漬物の話〜京都の「ぶぶづけ」でもの真意〜十二段家の由来〜浅漬けのこと〜水のこと
12 毎日新聞
マイきょーと
1989年 6月15 ときにはたまにはこんな店 大正のころ「丹後家」という和菓子の〜いつしか十二段家と呼ばれるようになる〜戦後丸田町に移って〜亀岡のみずな、嵯峨野のきゅうり、松ヶ崎の菜の花、山科のなす、たくあん〜日本晴れが大きめの清水焼の椀にもられる〜鷹峰のしょうゆ「山ホ」〜まずはご飯から。そしてされりと」〜お茶漬けだけではという人にはステーキ〜ここで使われるしょうゆは「あられむらせき」が選ばれている。〜器への、調味料への、材料への吟味の数々は「いかに素材の持ち味を生かすか、引き出すか」という主人の料理道に拠る。〜ぶぶ漬けを待つ人々の列ができる。
11 月刊京都 1989年 12月号 町かどの味 落語のお咄しに登場する「まぁ、お茶漬けでも〜」。軽いもてなしをする〜十二段家はもともと和菓子屋で祇園で営業していたころ〜とりあわせのお漬け物と〜二日に一回鞍馬のミネラルウォーターを仕入れる〜民家を改造した店内は〜。
10 ラ・セーヌ     金子功さんが店を紹介する。ステーキの食べられるお茶漬け屋
9 家庭画報 1988年 6月号 京都通20人が選びました京都の三つ星お昼膳 いわば普段着の京料理、お茶漬けを看板とする〜店内は格子窓や籐の敷物、李朝風の丸膳など京の町家そのままですが〜商品説明、出汁巻き〜高級料亭の贅を尽くしたご馳走が京料理ならば、このお茶漬けも立派な京料理です。〜ごまかしがきかない、なかなかてごわい料理なのですから。
8 クロワッサン 1987年9月25日号 食べて、飲んで喧嘩の旅 金子功さん、栗崎さんが紹介する
7 旅の手帖 1987年 12月発売 漬物でいただく京茶漬は季節感をサラサラと演出 略史〜商品説明〜柱時計が時を刻む、いかにも京民家といったたずまいの店内で食べるお茶漬けには〜
6 主婦の友   春の京都味処 写真掲載、キャプション
5 住友銀行   京の味 ちょうど漬かりかげんの漬物が、志野焼の大きなうつわにたっぷりと〜店の造りから什器まで民芸調で〜
4 non-no   ほんとうの京料理を味わう お茶漬けでも食べてっておくれやす〜
3 季刊 花すみれ 1979年 秋号 西陣界隈たべあるき 大正時代、甘い物家として出発
2 装苑 8月号   またもやきてしまった関西〜おしながき
1 婦人倶楽部   家族で楽しむ京の味めぐり 文字看板が印象的な十二段家

単行本
No 題名 掲載日 作者 出版社/概略
17 京都のツボ 2016年 柏井 壽 集英社インターナショナル
京都を舞台にしたミステリー作家・柏木圭一郎こと柏井壽さんは京都市内で歯科医を営む生粋の京都人。その柏井壽さんが、筆を執った「食」「地」「しきた」の3つにまたがる京の真髄を案内します。
16 通りをひもとくと京都がわかる 2010年 Discover Japan編集部 竢o版社
京都洛中の東西南北60通りをくまなく歩いて見つけた、名所・史跡・食・建築を掲載しています。
15 謎解き京都 2015年 読売新聞大阪本社編集局扁 淡交社
14 【今様】京都の値段 2015年 柏井壽 PHP研究所
13 京都街角グルメ 2012年 京都街角グルメ 婦人画報
12 京都案内 2011年 船越英一郎 マガジンハウス社
11 京都で朝・昼・夜ごはん 2010年 京都で朝・昼・夜ごはん 竢o版社
10 キモノなでしこ 2010年 キモノなでしこ 竢o版社
9 源氏物語を歩く旅 2008年 源氏物語千年紀委員会編 新創社
8 こげぱん京都ぶらり旅行日記 2008年 たかはしみき 主婦と生活社
7 京都のナゾ?意外な真実 2005年 八幡和郎 日本実業出版社
6 よくばり京あそび 2004年 内山理名 ぴあ株式会社
5 京都の値段 2003年 柏井壽 プレジデント社
4 味はつらつ 1997年 渡辺文雄 読売新聞社
3 京都創生人 1993年 毎日新聞社京都支局 松藾社
2 蒼夜叉 1991年 高橋克彦 講談社
1 味覚辞典 1972年 奥山益朗 理想社印刷所
 
 
丸太町 十二段家
〒604-0867 京都市中京区丸太町通烏丸西入  電話/075-211-5884 FAX/075-241-3074
営業時間 お昼/11時30分から2時30分 夜/5時から8時  ●定休/毎週水曜日

◇各ページの文章・写真は転用を禁じます
◇著作権は丸太町 十二段家ならびに一部報道各社に帰属します
Copyright(C)1991〜2009 marutamach jyunidanya